北見 網走 経済の伝書鳩==オホーツク特選街

農機開発

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】

■住所:北海道北見市端野町端野103-18

■TEL:0157-56-3101

■FAX:0157-56-3101

 

■代表:筑田 利昭

 

◆農機開発は…

農機開発は、北海道北見市端野町にある農機具の開発・販売を行なっております。

農業機械 機械整備1級技能士の代表が、農協にて整備で培った技術で、より使いやすく、作物の生育も良くなる商品を提案しています。

 

現在はビート移植機に取り付けるパーツの製造販売を行っております。

移植機のガイドにつける「ガイドプレート」と、苗押えに付けポットに穴をあけることでビートの生育を良くする「苗押えバリ」の2種類です。

 

詳しい資料等も用意しておりますので、お問合せください。

※お問い合わせは、電話では出られない場合もあるのでFAXが確実です。

 

◆開発・改良・改造した案件

農機開発の代表、筑田利昭が30年務めた農協職員時代に、組合員・農協のために少しでも付加価値として改良・改善してきたものを紹介します。

 

●ビート移植機ガイドローラー開発
 現在、販売推進中

 

●煙の出ない廃油ストーブ開発・制作・取付

 

●タマネギ移植機の植付けプランターラバー増設改造取付
 いかに欠株を最小限に止めるかが課題でした

 

●タマネギハーベスターのカッター部、葉絡み防止の開発
 収穫時期にカッター部に葉絡みして使用不能になり、メーカーに聞いたが適期ではないからと言われ開発したものです。66台製作しています。

 

●農薬保管庫製作指導
 当時、農薬保管庫の普及が遅れている事と、作業面積によって保管庫の大きさの違いなど普及に問題があったので、農協青年部主催による溶接技術の研修を行っていたので大きさは自由に製作していただきました。青年部なのでお子さんが小さく経済的な理由もあり1人1個製作するようにしました。皆さん大喜びだったと記憶しています。

 

●白芋機械開発による付加価値の追加
 ポテトデガー開発、但し普通のデガーではピックアップできません。風乾することにより土が乾き、芋と土が分離し白芋となります。

 

●ペコロス播種機開発・制作
 産地間競争に勝てる機会を考案。4台製作し、端野町のペコロス産業に貢献しています。

 

●アルミ整地器と木製整地器の兼用に改造

 

●コンポストターナー、Rコンベアー絡み防止改造取付

 

●オペレーターの要請による、稲わらロール保守点検簡素化する為に改造

 

●大豆収量増加する為、デパイダー改造取付
 ヤンマー&クボタ2台に取り付け。大豆の収量が改造した事により、1町(9917.36平方メートル)で600kg以上増収になりました。

 

●小豆ハーベスターピックアップ部絡み防止改造取付
 ヤンマー2台に取り付け。ホクトヤンマーのハーベスタに三好農機のピックアップ装置を装着した機械で、シャフトに葉が絡み、取るのに手間と時間がかかりましたが、改造した結果解消しました。全町2台で収穫しています。

 

●ハードコンテナ改造修理
 麦用の物をメーカー部品供給不可能な為、改造修理しました。

 

◆取り扱い商品紹介

ガイドプレート

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】ガイドプレート

ガイドプレートはビート移植機の苗送りのガイドに使用します。

メーカーのガイドの先端はローラーになっており、常に苗を抑えるための負荷がかかっています。また、ローラーも摩耗し交換する頻度も増えてきます。

農機開発で作成したガイドプレートは、苗が通る時だけに抑えの負荷をかけるようにするので、部品の摩耗が少なく交換回数を抑える事ができます。

メーカーは「サークル」「ホクエイ」用がございます。

 

農家の方に使用していただいてます。

苗を真っ直ぐに植えることができ、機械の消耗も少ないと高評価をいただいております。

 

実用新案登録済みです。

価格など詳細はお問合せください。

 

●取付け例

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】ガイドプレート装着前

赤枠で囲まれた部分の部品を外し差し換えます。

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】ガイドプレート装着後

ガイドプレート装着後

 

●ガイドプレートの調整方法

メーカーのガイドローラーは、植付輪に対してある程度(ポットが落ちない程度)締まっているのに対し、ガイドプレートはメーカーの考え方の逆で(5~2mm程度)スキマを空けてください。

ペーパーポットの直径は19mmですので、土詰め作業中、多少の誤差はあると思いますが、1~2mmぐらいの誤差は問題ありません。

ポットが上手く植付ならない、乱れる、詰まる、など現象が出ればスキマの空けすぎと判断し、手で植付輪をさわりスキマを確認して締めて下さい。

 

【注意】

0以上締付けますと、植付輪が以上摩耗しますので気を付けて下さい。(それでも上手く植付出来ない場合は、オープナーの不良と判断して下さい)

このガイドプレートはポットが来た時だけ、植付輪と触れるのですが調整方法、土質の違いで植付輪の摩耗度が違いますので、ご了承願います。

※ガイドプレートはローラータイプと違い、大きい・小さい・廻る・廻らない事なく、何町でも何十町でも抵抗が殆んど無く一定に植付出来ますし、もしプレートに土が付着しても平らですので土の付着も簡単に取除けます。

 


苗押えバリ

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】苗押えバリ

苗押えバリは、ビート移植機の苗押えスポンジに付けて苗ポットに穴をあけるパーツです。

昭和の頃から苗ポットに穴をあけると穴から根の張り出しがあり、生育が良くなるとの試験結果がありました。

しかし、穴をあける方法がなかなか良い方法が見つからなく、苗ポットに最初から穴をあける、スポンジに画びょうを貼り付けるなど試行錯誤を繰り返しておりました。

農機開発では、スポンジ横に針を付けることで商品を開発。

数年にわたる試験で、実用性を確かめており、特許も取得しました。

特許番号:5950171号

針の部分はネジを使うことで長さを変更できます。また、針の交換も1本ずつできるのでメンテナンスや交換も楽に行えます。

 

メーカーは「サークル」用のみとなります。

 

実際に使用されている農家の方より、「生育が良く、良質のビートが収穫できる」と、高い評価をいただいております。

 

価格など、より詳細を知りたい方はお問合せください。

 

●種類

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】苗押えバリ

1.苗押えバリ

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】苗押えバリ ステン

2.苗押えバリ ステン

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】苗押えバリ

3.苗押えバリ
※土の付着がしにくいタイプ

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】苗押えスポンジずれ防止プレート

4.苗押えスポンジずれ防止プレート

※1と3の換え用針は共通です。

※2の換え針はプレートタイプになります。

 

●セット例

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】セット例

セット例1

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】セット例

セット例2

 

●実例

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】実例

穴あけ無し移植後実例

【北海道北見市端野町の農機開発では、ビート移植機のパーツを販売しています】実例

穴あけ移植後実例