人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

2021年06月04日(金)掲載記事一覧

tweet

初の全国、決勝大会進出の快挙

留辺蘂高校eスポーツ同好会
 留辺蘂高校に今年発足した、eスポーツ同好会が初めて高校生のeスポーツ全国大会に参戦。みごと予選を突破し、19日に行われる決勝大会に進出した。
 留辺蘂高校に今年発足した、eスポーツ同好会が初めて高校生のeスポーツ全国大会に参戦。みごと予選を突破し、19日に行われる決勝大会に進出した…

網走市議会コロナ対策特別委より㊤

感染拡大の教訓
 4月に網走市内では初めて新型コロナのクラスター(集団感染)が発生したほか、小学生と高校生、大学生からの感染確認が相次いだ。“初めての経験”は、多くの教訓を残した。5月25日に開催された、同市議会コロナ対策特別委員会では、出席した議員から市役所に対して数々の指摘があった。同特別委で浮上した、まちの課題を紹介する。
 4月に網走市内では初めて新型コロナのクラスター(集団感染)が発生したほか、小学生と高校生、大学生からの感染確認が相次いだ。“初めての経験”…

4~10日は「歯と口の健康週間」

コロナ禍、口腔ケア大切
北見歯科医師会会長 松浦 信一さん

 6月4~10日は厚労省や日本歯科医師会などが定める「歯と口の健康週間」。現在のコロナ禍による外出自粛では間食の増加や不規則な生活、歯科医院への受診控えにより虫歯や歯周病の進行など口内環境の悪化が懸念されるという。北見歯科医師会の松浦信一会長(松浦歯科医院院長)に歯科医院の感染対策やコロナ禍での口腔ケアの大切さなどを聞いた。
 6月4~10日は厚労省や日本歯科医師会などが定める「歯と口の健康週間」。現在のコロナ禍による外出自粛では間食の増加や不規則な生活、歯科医院…

はりきり社会人1年生 (10)

置戸・18歳女性
 北見柏陽高校を3月に卒業した、18歳女性は置戸町役場に勤務。2カ月がたち、少しずつ自分の力を発揮してきている。 姉が公務員で「住民のために…

白チューリップにモンシロチョウ

北見の一般住宅庭で羽化後の慣らし
 白いチューリップに止まる1羽のモンシロチョウ。よく見ると羽が透けており、羽化したばかりのよう。 北見市内の80代の女性宅の庭。雨空の下で羽…

子育てせずに「托卵」たくらんでる?

北見の緑ヶ丘森林公園に赤色のツツドリ
 北見市内の緑ヶ丘森林公園で「ツツドリ」の姿をとらえた。鳴き声はよく聞こえてくるものの、姿を見る機会は少ない鳥だ。 カッコウの仲間で、夏鳥と…

「高齢者等ごみ出し支援事業」本格運用

北見市 申請件数は5月末で109件
 北見市の高齢者等ごみ出し支援事業の本格運用が1日に始まった。申請のあった利用者宅を週に1回訪問し、玄関先から直接回収する。希望者には声掛けも行い、安否確認の役割も果たす。高齢化が進み独居世帯が増加する中、新たな福祉施策として注目される。
 北見市の高齢者等ごみ出し支援事業の本格運用が1日に始まった。申請のあった利用者宅を週に1回訪問し、玄関先から直接回収する。希望者には声掛け…

道教委が高校配置計画案

 北海道教育委員会は1日、2022~24年度の公立高校配置計画案を発表した。昨年提示し1年間の動向をみていた留辺蘂高校の23年度募集停止案と…

ごみ出しガイドブック

網走市が見やすく刷新
 網走市は、イラストを多用するなどして見やすいように配慮した、ガイドブック「ごみの分け方 出し方」を作成した。 ガイドブックは、2017年度…

びほろ夏まつり実行委

花火打ち上げは実施
 びほろ夏まつりの実行委員会は、今年のまつりについて、花火打ち上げのみ実施する方針を固めた。 2日に開かれた実行委員会で決めた。新型コロナウ…

北見市の消費生活モニター調査

 北見市は、消費生活モニターを通じて調査した5月11日現在の野菜と生鮮魚介類の小売価格を集計した。 野菜は10品目のうち長ネギ、ジャガイモ、…