人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

バードウォッチングのすすめ

tweet
2018/04/25掲載(網走管内/社会・告知)

日本野鳥の会オホーツク支部
今年も早朝探鳥会スタート

ライフスタイルに合わせ参加 
事前申込不要、途中からも早退も自由

今年最初の早朝探鳥会(野付牛公園)

今年最初の早朝探鳥会(野付牛公園)

バードウォッチング初心者に早朝探鳥会のすすめ。日本野鳥の会オホーツク支部の早朝探鳥会が始まった。4月21日の野付牛公園から7月1日のチミケップ湖まで北見市では今年、土曜日の早朝に12回、そのほか網走市と大空町で各2回、津別町で1回開かれる。

 誰でも無料で参加できる。北見市内での早朝探鳥会は期間中の土曜日午前5時から1時間~1時間半程度、毎週会場を替えて開催。「事前の申し込み不要で途中からの参加や早退も自由。ライフスタイルに合わせて参加してください」と同支部。

 葉が生い茂る前は、小さな鳥も見えやすく、周囲が静かな朝の時間帯は特にさえずりが聴こえやすい。行動も活発で、早朝はバードウォッチングに最適だ。

 ベテランの会員が望遠鏡を用意しているので、手ぶらで参加できる。双眼鏡や図鑑があれば持参するとよい。おもに日曜日に開催する昼間の定例探鳥会とはひと味違った、楽しみ方が見つかるかも。

 今年最初の早朝探鳥会には15人が参加。同支部顧問の男性の案内でヒガラ、キジバトをはじめ池で盛んに鳴く水鳥のマガモやカルガモなど15種の野鳥を観察した。まずは無理のない範囲で1回参加してみては。三文の徳があるかも。(寒)

※野鳥写真は昨年5月の早朝探鳥会で会員の男性撮影


手ぶらでOK 早朝探鳥会日程
三文の徳あるかも
開催日程と集合場所は次の通り。

<北見>(各土曜日)

【4月】

28日=常盤公園

【5月】

5日=緑ヶ丘森林公園

12日=南丘森林公園

19日=中ノ島公園

26日=緑ヶ丘森林公園

【6月】

2日=野付牛公園

9日=南丘森林公園

16日=協栄ダム

23日=富里湖森林公園

30日=緑ヶ丘森林公園

※常盤公園=緑園通の南端の無加川沿い

※緑ヶ丘森林公園=昭和通から三角点へと向かい道なりに進んだ峠

※南丘森林公園=新生町、北央町から常呂川の蘭栄橋を渡って右折

※中ノ島公園=西1号線南端を左折し常呂川沿いを道なりに進む

※野付牛公園=北網圏北見文化センター・東トレセン前駐車場集合

※協栄ダム=道道北見端野美幌線の北見市端野町川向から1.5キロ奥に入る

※富里湖森林公園=富里ダム湖の管理棟先のキャンプ場駐車場

<網走・大空>

【5月】

6日(日)午前5時半=網走湖女満別湖畔

14日(月)午前6時=網走市大曲オホーツクサイクリングロード

21日(月)午前5時=網走市大曲オホーツクサイクリングロード

28日(月)午前6時=網走湖女満別湖畔

※女満別湖畔=大空町JR女満別駅横駐車場

※オホーツクサイクリングロード=網走市大曲オホーツクサイクリングロード駐車場集合

<津別>

【7月】

1日(日)午前5時=チミケップ湖

※津別町チミケップ湖キャンプ場駐車場集合

 

早朝探鳥会では初めて現れたという旅鳥マミチャジナイ

早朝探鳥会では初めて現れたという旅鳥マミチャジナイ

背と腹のレンガ色が特徴のヤマガラ

背と腹のレンガ色が特徴のヤマガラ

黄色の眉斑をはじめ美しい色彩のキビタキ。夏に渡ってきて、盛んにさえずる。

黄色の眉斑をはじめ美しい色彩のキビタキ。夏に渡ってきて、盛んにさえずる。