人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

美幌で11年ぶり駐連協総会

tweet
2018/06/12掲載(美幌町/社会)

7月に中央大会など事業計画固める

平成30年度の北海道自衛隊駐屯地等連絡協議会(会長・山口幸太郎千歳市長)の定期総会が8日、美幌グランドホテルで開かれた。

 協議会は道内の地方自治体が自衛隊と連携を図り、発展の方策を検討する目的で17年2月に設立。道内179市町村と北海道で組織され、土谷耕治美幌町長が副会長を務める。

 美幌での定期総会開催は19年度以来11年ぶり2度目。首長ら約55人が出席した。山口市長はあいさつで「国が新たな防衛計画の大綱、次期の中期防衛力整備計画の策定を進める中で、北海道の重要性を認めてもらうよう活動したい」と述べた。

 30年度事業計画では、協議会が防衛計画大綱の策定に合わせて開いてきた「北海道の自衛隊を支える中央大会」を7月24日に東京都内で開くことが承認された。約250人規模で、国会議員の講演や要望書の手交などを行う。

 このほか、大会に合わせて夏季要望、11月には秋季要望を計画している。(浩)