人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見地区農村ゼミの開校式

tweet
2018/06/23掲載(北見市/社会)

若手農業者らが2年間の実習スタート

今年度は34人が受講

網走農業改良普及センターの平成30・31年度北見地区農村ゼミ(全12回)の開校式が18日、北見市大正の同センターで行われた。北見地方の若手農業者ら34人が2年間にわたり農業実習に臨むスタートを切った。

 ゼミは就農3年以内の新人農業者を対象に、農業技術や経営ノウハウの習得をめざす道の事業。今年度の受講生は農業後継者(北見自治区6人、端野8人、常呂6人、留辺蘂1人、訓子府4人、置戸5人)に加え、JAの新人職員4人も加わった。

 研修内容は「土壌の基礎」「雑草の基礎」「農家経営について」「病害虫の基礎」など。

 式ではそれぞれが自己紹介し、2年間の抱負を語った。その後の研修には女性農業者ステップアップ講座の参加者9人も加わり合同の講座となった。参加者たちは専門普及指導員の土壌分析の方法などの指導に熱心に耳を傾けていた。  (澄)