人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 防災を考える

tweet
2018/08/10掲載(美幌町/社会・本紙連載)

初動対応力向上へ職員災害対処訓練

美幌町職員が避難所開設など
26日には自治会との合同訓練も

職員災害対処訓練の様子

職員災害対処訓練の様子

美幌町は7日、職員災害対処訓練を美幌高校柔剣道場で行った。職員約20人が避難所の開設や避難者の受け入れなどを訓練した。

 自治体職員が行うべき初動対応力を高める狙い。大雨で河川水位が上がり避難勧告を発令した想定で行った。

 災害対策本部の指示を受け、職員が床にマットやパーテーション、照明器具を設置。職員扮する避難者の受け入れ準備を整えた。避難者は負傷者、要配慮者、ペット同伴者などさまざまで、職員がそれぞれに合わせて対応した。

 訓練後、平井雄二副町長は総評で「これから台風シーズンがくる。有事の際に資機材をしっかり扱えるようにしてほしい。災害時は訓練以上のことが起こる。しっかり対応できるよう復習を。知恵を出し合い、住民の皆さんの命と財産を守っていこう」と呼び掛けた。

 町は26日にも自治会と合同の防災避難訓練を予定している。  (浩)