人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

社明運動一人ひと言

tweet
2018/08/10掲載(北見市/社会)

オホーツク社会福祉専門学校・女子学生

支え合うことの大切さ

私は偶然、あるドキュメント番組を見ました。

 その内容は犯罪を犯して刑務所に入り、出所した人を雇う会社とその社長の考え方を描いた番組でした。その社長はこう言っていました。「罪を憎んで人を憎まず」。社長は妹を殺人により殺され、自分も病気を抱えながら会社を営んでいました。妹を犯罪により亡くしたからこそ、出所者の気持ちを考え、向き合い、支え合う。私はそんな社長の考え方に感動しました。

 刑務所を出所した後にもう一度犯罪をしてしまう人が増加している社会の中で、このような会社があることで罪を犯した人の支えになり、社会の中で大きく成長させてくれています。

 そして、私たちは社会には色々な人がいることを理解し、相手の気持ちを考えて行動するという、あたりまえに聞こえることにしっかり向き合うことが必要だと思います。

 誰でも罪を犯してしまう可能性があり、それでも沢山の人の支えがあって今の自分がいるということ。そのことに感謝する気持ちを絶対忘れてはならないと私は感じました。そうすることにより、ほんの少しでも罪の道に走る人が減り、明るい社会に変わっていったら良いなと思います。