人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

交通事故防止へ啓発活動

tweet
2018/10/11掲載(網走管内/社会)

オホーツク街道トワイライト・レッド作戦

道警北見方面本部
管内一斉に赤色回転灯車両を配置

日没時間が早まり、歩行者被害の交通事故発生が危惧されることを受けて、道警北見方面本部は「オホーツク街道トワイライト・レッド作戦」と銘打ち9日、管内各地に赤色回転灯車両を配置して啓発活動を行った。

 このうち、北見市では北見地区トラック協会、北見地域交通安全活動推進委員会、野付牛自動車学校の協力を受け、大通など国道39号沿いの12カ所に約40台を配置。ドライバーに注意喚起した。

 同本部によると、管内の過去5年間における10月~12月の交通事故死者数は20人で、このうち9人が夕暮れ時間帯の交通事故で亡くなっている。

 本部交通課は「薄暮時間帯は特に歩行者、自転車への注意が必要。管内では郊外のカーブにおける自動車同士の正面衝突も多いので、安全運転の徹底を」と呼び掛けている。 (匡)