人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

各地で記録的な気温

tweet
2018/12/06掲載(網走管内/社会)

暖気の影響…

4日の記録的な暖気の影響で管内各地で1カ月以上季節が戻る最高気温となった。遠軽町白滝では日最高気温が12.3度と、12月として観測史上1位を記録した。北見は10.8度で同7位となり、5日まで降り続いた雨の影響で若松市民スキー場の8日オープンが微妙な状態となっている。

北見で歴代7位の10.8度
若松スキー場の8日オープンが危うく

水たまりができ地面が解けた状態の若松市民スキー場

水たまりができ地面が解けた状態の若松市民スキー場

アメダスデータによると、各地の日最高気温は高い順でウトロ15.1度(観測史上2位)、斜里13.6度(同3位)、湧別13.0度(同4位)、遠軽町12.4度(同4位)、遠軽町白滝12.3度(同1位)、美幌11.7度(同6位)、女満別11.4度(同5位)、網走11.3度などとなっている。

 北見の日最高気温の観測記録1位は1989年12月4日の14.5度で、今回の10.8度は7位となった。

 一方、若松市民スキー場の今期オープンはロープトーが8日(昨年12月9日)、Cコース15日(同21日)、Bコース22日(同1月8日)、Aコース29日(1月25日)を予定している。スキー場担当者は「4、5日の雨で地面が緩んでしまい、8日オープンは微妙な状況。7日以降の寒気と雪次第」と頭を痛めている。

 市西三輪の無加川も暖気の影響で4日朝から河畔の氷が解けだし、春の雪解けシーズンを思わせる光景。最高気温を観測した午後になると、氷が割れ川に氷が流れ出した。この暖かさに魅かれたかのようにハクセキレイが河畔で昆虫を追いかけていた。

 若松市民スキー場の8日オープンについては明日7日に掲載する。   (澄)

 

氷が解け春の雪解けを思わせる無加川

氷が解け春の雪解けを思わせる無加川