人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 シリーズ北方領土を知る (8)

tweet
2018/12/06掲載(その他/本紙連載)

日露間の協議経過と国内の動き2018年

<日露間協議の経過および国内の動き(主要案件抜粋)>

【2018年】

・2月6日 日露次官級協議(於:東京)

・2月14日 日露共同経済活動推進室長から、一市四町関係者に対し、日露次官級協議の結果報告および意見交換を実施(於:中標津町)

・2月16日 日露外相会談(於:ミュンヘン)

・3月21日 日露外相会談(於:東京)

・4月11日 人の移動に関する日露局長級作業部会(於:東京)

・5月11日 日露次官級協議(於:モスクワ)

・5月26日 日露首脳会談(於:モスクワ)

→本年7月または8月をめどに「ビジネス・ミッション」を北方四島に派遣すること、プロジェクト候補の早期実現に向けた作業の加速化を事務方に指示することで一致。

・6月8日 日露共同経済活動推進室長から、一市四町関係者に対し、日露首脳会談の結果および意見交換を実施(於:中標津町)

・6月28日 人の移動に関する日露局長級作業部会(於:モスクワ)

・6月29日 プロジェクトの内容に関する日露局長級作業部会(於:モスクワ)

・7月31日 日露外相会談(於:モスクワ)

・8月30日 日露次官級協議(於:モスクワ)

・9月10日 日露首脳会談(於:ウラジオストク)→両首脳は北方四島における共同経済活動について、長門での合意に基づく5件のプロジェクト候補の実施に向けた「ロードマップ(※)」を承認。また「ビジネス・ミッション」を10月初めに実施することで一致。

※「ロードマップ」の主要な柱

(1)海産物の共同増養殖プロジェクト=ウニを含め複数の魚種を対象とし、ウニ以外の魚種についても議論を継続。

(2)温室野菜栽培プロジェクト=いちごの品種および実施場所を特定。

(3)島の特性に応じたツアーの開発=パッケージツアーを策定。

(4)風力発電の導入=風況調査の場所を確定。

(5)ごみの減容対策=ごみ減容のパイロット・プロジェクトの実施場所を確定。

・9月18日=日露共同経済活動推進室長から、一市四町関係者に対し、日露首脳会談の結果報告および意見交換を実施(於:中標津町)

・10月2日~5日「ビジネス・ミッション」の派遣。計49人が国後島、択捉島で意見交換、視察などを実施。

・10月29日 人の移動に関する日露局長級作業部会(於:東京)

・10月30日 プロジェクトの内容に関する日露局長級作業部会(於:モスクワ)

・10月31日 日露次官級協議(於:モスクワ)

・11月14日 日露首脳会談(於:シンガポール)→両首脳は北方四島における共同経済活動について、10月初めに「ビジネス・ミッション」が実施されたことを歓迎し、首脳間で作業の進捗を確認した上で、双方の法的立場を害さない形でプロジェクトを早期に実施するべく、さらに作業を進めることで一致した。