人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ロコ・ソラーレ海外公式戦初V

tweet
2018/12/11掲載(北見市/スポーツ)

ワールドカップ第2戦制する
韓国に逆転勝ち

女子カーリングのロコ・ソラーレが2018-19ワールドカップ(W杯)第2戦(5~9日、アメリカ・ネブラスカ州オマハ)で優勝した。海外のW杯で日本チームが1位になるのは初めて。今年の流行語大賞で年間大賞を受賞したのに続いて本業でも輝きを放ち、名実ともに充実する今年の活動を象徴した。

流行語に続き、W杯も1等賞…名実ともに充実

ロコ・ソラーレ

ロコ・ソラーレ

W杯は男、女、ミックスダブルスの3種目にそれぞれ、世界の上位8チームが出場。今年創設された大会で日本は男子が世界ランク上位の権利、女子は世界カーリング協会の選抜推薦で参加している。今シーズンは4戦行われ、日本女子代表(ロコ・ソラーレ)は9月・中国蘇州市での初戦は予選2位だった。

 第2戦も同じ顔合わせの8チームを2つのグループに分け、2度ずつ対戦する総当たりの予選を実施。その上でグループ1位同士の決勝を1試合行った。

 世界ランク7位のロコ・ソラーレ(日本)は同1位のスウェーデン、3位のスコットランド、9位の中国と同じ組に入り、初戦のスウェーデンにラストエンド(最終回)に3点を取って逆転勝ちし勢いづくと、5戦目まで無傷で勝ち進んだ。

 すでに決勝進出が決まった後に行われた予選最終戦は、平昌冬季オリンピックの3位決定戦で最後まで競い合ったイギリスのミュアヘッド選手率いるスコットランドと対戦。この大会で新しい作戦を試しているロコ・ソラーレは2-5で敗れたが、予選6試合中5戦を1点差で勝利する、粘り強さも手に入れた。

 平昌冬季オリンピック銀メダルで世界ランク6位の韓国との決勝戦は、ロコ・ソラーレが中盤まで3-6と劣勢。これを終盤に1点ずつ返すと、ラストエンドは不利な先行で2点をスチール。みごと6-5で逆転し、初優勝を飾った。吉田夕梨花、鈴木夕湖のフロント2選手が90%前後のショット率でゲームを仕掛け、吉田知那美、藤澤五月両選手が局面を打破したようだ。世界カーリング協会のホームページは「Last-Stone drama」と題し、トップページで伝えている。

 北見市内のカーリング関係者は「流行語ばかりじゃなく、競技でも大賞」と選手達の活躍をたたえている。

 男子日本代表の北海道コンサドーレ札幌カーリングチームは2勝4敗で予選3位だった。

 ロコ・ソラーレは12日からカナダ・ニューファンドランドで開かれるグランドスラムに北海道銀行チームとともに出場する。2チーム参加は日本初。(寒)

【女子】
◇予選リーグ
◇日本(ロコ・ソラーレ)
 ▽6-5スウェーデン
 ▽10-2中国
 ▽7-6スコットランド
 ▽5-4スウェーデン
 ▽8-2中国
 ▽2-5スコットランド

◇決勝

韓国

04011000=6

20100112=7

日本(ロコ・ソラーレ)