人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

内閣府特命大臣表彰

tweet
2018/12/14掲載(美幌町/社会)

美幌町青年活動団体B-live
未来をつくる若者オブ・ザ・イヤー

地域盛り上げるイベントなど企画
「今後も頑張りたい」

美幌町青年活動団体B-live(ビー・ライブ)が、平成30年度「未来をつくる若者オブ・ザ・イヤー」の内閣府特命大臣表彰を受けた。

 社会貢献活動で顕著な功績がある子どもや若者の団体に贈られる表彰。30年度は全国で2団体が内閣総理大臣表彰、11団体が内閣府特命大臣表彰を受けた。11団体のうち道内ではB-liveが唯一受賞した。

 B-liveは平成23年に設立。メンバーは現在22歳から32歳まで23人。「ビホロをもっと知り、ビホロをもっと好きになって、ビホロをもっと育てよう」をモットーに掲げ、水鉄砲を通じて子ども達と交流するイベントや、町内外の青年が集うハロウィンパーティーを開いている。

 青年を対象にした講座や、メンバー自身が学ぶ自主研修会も企画し、現在はまちづくりカードゲームの開発にも取り組む。子どもまつりなど他団体のイベントでも手伝いなどとして積極的に協力している。

 7日に代表の木村利昭さん(30)、副代表の男性(23)、事務局長の女性(25)が町役場を訪れ、平井雄二副町長らに受賞を報告。木村さんは「若者の力で美幌を盛り上げたいという思いで団体を立ち上げた。メンバー全員の力で受賞することができた。今後も頑張りたい」と話し、平井副町長は「自分達の世代に加え、次の世代を支援する活動に敬意を表したい」と今後の活動にも期待した。    (浩)