人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

常呂川で一匹のニジマス

tweet
2018/12/20掲載(北見市/社会・話題)

氷の下でも

写真さんぽ

凍り始めた北見市内の常呂川に一匹のニジマスが姿を現した。水温1度の氷の下でも命の営みは続いている。

 釣り人が氷の張らない流心近くにエサを投入。ゆっくりとラインが流れ氷の縁に止まる直前、ラインが揺れた。魚が捕食しようとしているが、このタイミングでは針掛かりしない。警戒心ではなくただ、冷たさで魚の動きが鈍くなっているからだ。

 10秒ほど経ってラインが張った。魚がしっかりエサをくわえ、動き出した。水温1度とは言え、針掛かりした魚は渾身の力であらがう。釣り人は美しい魚体をカメラに収め、リリース。

 釣りという趣味は大がかりな装備をせず、水の中という別世界を知ることができる唯一の方法なのかもしれない。   (澄)