人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

暴力追放栄誉金章受ける

tweet
2018/12/22掲載(北見市/社会)

北見市端野地域暴追協会長 男性(78)
管内初の表彰

北見市端野地域暴力追放推進協議会会長の男性(78)が、暴力追放栄誉金章を受けた。30年以上にわたる暴力追放運動への尽力がたたえられたもので、管内で初めて。18日に北見警察署で伝達式が行われ、男性は「感無量です」と喜びをかみしめた。

30年以上にわたり尽力
北見署で伝達式「感無量です」

暴力追放栄誉金章は長年にわたる暴力追放運動への尽力と、暴力のない明るい地域社会づくりに貢献したことをたたえる、警察庁長官と全国暴力追放運動推進センター会長の連名表彰。今年の表彰で金章を受けたのは全国で11人、道内では男性が唯一だった。

 男性は昭和59年、北見地区暴追協の端野支部長に就任。太陽まつりなど地域イベントでの露天商排除を推進した。市町合併の平成18年に現在の端野地域暴追協の会長となり、30年以上にわたり安全・安心のまちづくりに尽力している。

 伝達式では江川清人署長から表彰状を受け「私が暴力追放運動を始めたころ、露天商の排除に反発する人から自宅に何度も電話があり、怖い思いをしました」と暴力団の抗争が激化していた当時を振り返り「そのころに比べて、今は平穏。感無量です」と語った。

 江川署長は男性の功績に感謝し「これからも地域の安全のため、ご支援、ご協力をお願いします」と述べた。    (匡)