人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見市 平成30年度の除雪費

tweet
2019/02/12掲載(北見市/社会)

平年より雪少なく…6億円投入、残り5億円

北見市の平成30年度の除雪費は1月末現在で6億円を投入、残り5億円となっている。この冬は平年より降雪量が少なく、年度末の増額補正はいまのところ予定されていない。

幹線道路の除雪回数は半分以下で推移

除雪の様子

除雪の様子

この冬の降雪量は179センチ(1月末現在)、昨年は同じ時期で274センチあった。昨年は平年並みの降雪量で「この冬は雪が少ない」と市道路管理課。

 同課によると、北見自治区のこの冬の除雪車全車出動は4回。昨年も4回だが、幹線道路の除雪回数でみると、この冬4回、昨年9回。生活道路ではこの冬5回、昨年4回、歩道除雪はこの冬4回、昨年8回となっている。

 除雪費は毎年度、当初予算に盛り込まれ、不足すると3月に増額補正する。29年度の除雪費は、増額補正後で11億円。30年度は当初で過去3年間の平均から割り出した11億円を予算化した。

 今後、3月末までにどの程度の降雪があるか予測は難しいが、このまま降雪が少なければ、減額補正をする可能性もある。(粟)