人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

置戸町が2019年度予算案を発表

tweet
2019/02/28掲載(置戸町/政治)

一般会計は44億7700万円

置戸町は25日、2019年度町予算案を発表した。一般会計は44億7700万円で前年度当初比3.6%減。町営住宅改修、橋梁の補修工事などインフラ整備に重点を置く予算を計上した。特別会計を合わせた総額は59億9420万円で同2.1%減。

橋の補修などインフラ整備に重点

一般会計の歳入は町税が同0.6%減の2億8792万円、地方交付税は同1.7%増の23億5千万円を見込んだ。町債は同41.6%減の3億2400万円。新境野公民館建設工事完了が影響した。19年度末の町債残高は51億4千万円となる見込み。

 新規事業の主なもののうち橋梁長寿命化修繕事業では9600万円を投じ、拓友橋の橋面補修工事などを行う。町営住宅関連は若松第7団地4棟16戸の解体に2600万円、川向団地6棟12戸の外壁改修に3710万円を盛り込んだ。

 このほか定員超過により手狭となっている認定こども園「こどもセンターどんぐり」の増改築に伴う実施設計費に707万円、現境野公民館解体と外構工事に6550万円、消防庁舎屋根の改修に1600万円、スクールバス更新に1350万円を計上した。 (成)