人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 北見市の第2期総合計画

tweet
2019/03/06掲載(北見市/社会・本紙連載)

前期基本計画の内容紹介 (4)

基本目標 (1)「健康・福祉」
妊娠から育児まで切れ目ない支援を推進
高齢化の対応、医師不足解消などが課題に

第2期北見市総合計画の前期基本計画(2019~23年度)では5つの基本目標として「健康・福祉」「教育・文化」「産業・観光」「環境・生活基盤」「地域・自治」を掲げている。

 今回は「健康・福祉(健康で安心して暮らせるまちづくり)」の基本目標について、主な課題や分野別施策、KPI(施策の評価指標※表参照)を紹介する。

 「健康・福祉」の基本目標には「子育て支援」「保健・医療」「福祉」の分野別施策を盛り込んだ。

 子育て支援は「安心して子どもを産み、育てることができる環境づくり」を目指し、妊娠から出産、育児まで一貫した切れ目のない支援を推進。女性の社会参画が進む中で多様な子育てニーズに対応する。

 また、保育園や認定子ども園、子育て相談の充実を図るとともに、子どもの発達に不安を抱える保護者への支援、相談体制の拡充にも力を注ぐ。

 保健・医療の分野では「高齢化に対応した医療、医師不足の解消や医療従事者の養成・確保に向けた取り組みが必要」とし、各種施策を展開。また、市民の健康維持につながる各種健診や保健指導、運動を楽しむ環境づくりなどに取り組む。

 福祉の分野では、高齢者が自分らしい暮らしを続けるための「地域包括ケアシステム」を充実させるほか、「ふれあいサロン」など自主組織による介護予防活動への支援、成年後見人の育成などに力を入れる。また、ユニバーサルデザインの普及をはじめ、障がいのある人を含むすべての人が安心して生活できるバリアフリー化を推進する。   (柏)