人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

住み着いたエゾシカ

tweet
2019/03/14掲載(北見市/話題)

北見のつつじ公園で越冬?

北見市内の住宅街にある、つつじ公園にメスのエゾシカ1頭が住み着いている。餌を求めて、車が行き交う周辺道路にも出没しており、市は周辺住民に注意を呼び掛けている。

近づかず刺激与えないで
道路周辺にも「見たら徐行運転を」

駐車場に姿を現したエゾシカ(8日午後3時44分)

駐車場に姿を現したエゾシカ(8日午後3時44分)

市環境課によると、居座っているのは昨年7月に中心部の住宅街に出没したエゾシカの群れのうちの1頭。樹皮を食べた痕跡や、今年に入ってからも週1回ほどのペースで目撃情報が寄せられていることから公園内で越冬したとみられる。

 昨秋からエゾシカの様子を気にかけている近隣住民は「公園でパークゴルフをしている時によく見掛けた。冬は越せないと思ったが食いつないだようだ」と話す。

 エゾシカは人を襲ったりすることはないが、8日午後3時半過ぎには同公園の駐車場に姿を現し、道路を横断するかのような場面が見られ、ドライバーや市民をヒヤリとさせた。

 市は公園が住宅や道路に隣接していることから、山への追い込みなどで刺激を与えることはかえって危険と判断している。「シカにむやみに近づかず、見かけても刺激を与えないで下さい。運転中にシカを見たら減速、徐行運転を」と促している。  (理)