人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

オオハクチョウの群れ

tweet
2019/04/05掲載(北見市/話題・本紙連載)

北見の農地に

北帰行前の羽休め
四季“いろ撮る”

北見市北光の農地にオオハクチョウが群れで集まり、繁殖地のシベリアへの長旅に備えて羽休めをしている。

 オオハクチョウは10~11月にかけて越冬のために日本に飛来し、暖かくなると5月上旬ころに北上する冬鳥。その移動距離は約3千キロメートルといわれており、中継地で体を休めながら営巣地を目指す。

 市内では2日、灰色を帯びた幼鳥も含め約70羽が採餌し、体力を蓄えていた。群れの中では翼を広げて「クオー、クオー」と鳴き交わす、挨拶ディスプレイと呼ばれる行動も見られた。その光景を見守る近隣住民は「体力をつけて無事に帰れるといいですね」と話していた。(理)