人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見市緑のセンターの利用状況

tweet
2019/04/11掲載(北見市/社会)

2018年度

前年度比2629人減の1万6136人
園芸祭の期間短縮響く

北見市緑のセンターの指定管理者の北見園芸協会は、同センターの2018年度の利用状況をまとめた。毎年恒例の園芸祭の期間短縮による影響で、入館者数は前年度比2629人減の1万6136人となった。

 園芸祭は、多い日で1日2千人が訪れる人気イベント。前年度は5月に5日間の日程で開催したが、18年度は4日間に短縮した。園芸祭の開催期間だけで、入場者は2千人以上の減少となった。

 今冬は雪が少なく、年明け後は高齢者施設の団体利用も好調で前年を上回った月もあったが、園芸祭の減少分をカバーできなかった。

 新年度も園芸祭は4日間の日程となっており、同センターは「市民の皆さんに喜んでいただけるイベントを企画し、利用増に努めたい」としている。 (匡)