人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

新任ですよろしく

tweet
2019/04/17掲載(北見市/社会・本紙連載)

北見地区消防組合消防署長 小峰康弘さん(59)

職員一丸で信頼される消防署に
若手職員と救急救命士育成に力

北見地区消防組合消防署長に小峰康弘さん(59)が就任した。「地域住民の期待に応えられるよう、信頼される消防署を目指し、職員一丸となって全力で取り組みたい」と気を引き締めている。

 旧常呂町出身。昭和53年に消防士を拝命し、救助課長、西出張所長などを歴任。前職は消防署副署長。平成13年のルクシ峠崩落事故や同18年の佐呂間町竜巻災害では第一線で救助活動などに当たった。同23年の東日本大震災では、緊急消防援助隊の第6次北海道隊消火隊の小隊長として行方不明者の捜索活動に従事した。

 消防署は近年、経験豊富なベテランの大量退職時期を迎え、若手職員が急増した。小峰署長は「消防能力の低下を招かぬよう、日々の訓練の充実強化を図りたい」と語る。また、年々増加する救急出動への対応も大きな課題だ。「救急救命士の育成に努めるとともに、救急車の適正利用について市民の理解と協力を求めたい」と話している。    (柏)