人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

びほろ夏まつりの会場変更

tweet
2019/04/22掲載(美幌町/行事・告知)

今年は美幌北中と網走川河川敷に

8月10日開催予定
花火大会をより安全に楽しんで

昨年の花火大会

昨年の花火大会

昨年まで美幌小学校グラウンドで開かれていたびほろ夏まつりの会場が、今年は美幌北中学校と網走川河川敷に変更される。メーンイベントの1つ、花火大会をより安全に楽しんでもらいたいと、主催の実行委員会が決定した。

 まつりは今年で7回目。花火はこれまで美幌小グラウンド内で打ち上げられ、自称「日本一間近で見られる花火大会」として楽しまれてきた。毎年、大勢の観衆が訪れる中で安全性を考慮した結果「より安全な場所で打ち上げるべき」という結論に至った。

 今年のまつりは8月10日(土)に開催予定で、盆踊りや出店などのイベントを北中グラウンドで行い、花火は堤防をはさんだ場所にある網走川河川敷から打ち上げる。

 美幌小は市街地にあるため、花火を打ち上げる高さなどに制限があったが、今年はその制限がなくなり、花火の量、種類とも豊富になる。実行委は会場変更に伴い、花火打ち上げの予算として350万円を計上。昨年の180万円の約2倍で、実行委事務局の美幌商工会議所は「日本一間近で見られる花火大会ではなくなるが、より安全に、バラエティー豊かな花火をたくさん楽しめるはず」とPRしている。(浩)