人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見で茶の湯文化にふれる市民講座

tweet
2019/06/14掲載(北見市/社会・文化)

表千家同門会北見支部が開催

北村美術館の木下館長が講演
「茶の湯を終生の友に」

表千家同門会北見支部(永田正記支部長)主催の「茶の湯文化にふれる市民講座」が9日、北見芸術文化ホールで開かれた。

 北村美術館(京都市)館長の木下收氏が「茶の湯をさらに楽しむために」と題して講演。木下氏は、侘び茶を大成させたとされる茶人、村田珠光や千利休らの思想や時代背景、茶器を紹介。「茶人によって侘び茶に対する理念に違いはあるが、不完全なものや朽ちていくものの中に美を見いだす日本人の素晴らしい伝統文化」と解説。

 「スマートフォンを眺めてばかりいるのではなく、景色の移ろいをゆっくり眺める時間も大切。人生100年の時代を迎え、茶の湯を終生の友としてほしい」と呼びかけた。

 会場には呈茶席も設けられ、参加者はくつろぎのひと時を過ごしていた。  (柏)