人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

建コン・フォト大賞で特別賞

tweet
2019/06/15掲載(北見市/文化)

北見・男性(81)

「人里離れ孤独に佇む」
斜里町の第一幾品川橋梁を撮影「思いがけない入賞。うれしい」

北見市のアマチュアカメラマン・男性(81)の写真作品「人里離れ孤独に佇む」が、第10回建コン・フォト大賞で特別賞を受賞した。男性は「思いがけない入賞。うれしいです」と喜んでいる。

 同フォトコンテストは、土木施設に興味を持ってもらいたいと、一般社団法人建設コンサルタンツ協会が主催。「あなたのお気に入りの土木施設」をテーマに作品を募集し、今年は全国から328点の応募があった。

 受賞作は、登録有形文化財に指定されている、斜里町越川の第一幾品川橋梁を撮影。川の流れと雲の動きに気を配りながら、一度も使用することなく取り残された橋梁に漂う寂しさを表現した。

 男性は、デジタルカメラの性能や編集作業を勉強・研究し、道内外数々のコンテストで活躍。同コンテストには初めて応募した。「ほかの受賞作を見るととてもレベルが高く、よく入賞できたと自分でも驚いています」という。

 今後は「いい被写体に巡り合えたら、またこのフォトコンテストに挑戦してみたい。糠平湖のタウシュベツ川橋梁を撮影してみたいですね」と話している。     (菊)