人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

作品展「点と線の向こうまで」

tweet
2019/07/04掲載(北見市/文化)

川東の里の元利用者、故・成田未奈さん
追悼の意を込め「じねん」で

18日まで

社会福祉法人川東の里が運営する生活介護事業所の元利用者で、今年3月に36歳の若さで亡くなった故・成田未奈さんの作品展「点と線の向こうまで」が、北見市朝日町の生産物直売店じねんで開かれている。入場無料。18日まで(日曜定休)。

 成田さんは10年ほど前から、事業所の美術の時間に色鉛筆などで絵を描いていた。幾何学的な模様の作品をはじめ、模様を利用した架空の人物画や静物画を数多く生み出し、個展を開いたこともある。

 今回の作品展は、現在のじねんの職員が美術の時間を担当していた縁で実現。遺族に提案し、追悼の意を込め30点を集めた。「繊細で美しい彼女の作品を、ぜひ見てください」と呼び掛けている。

 問い合わせは、じねん(0157・33・1090)へ。 (匡)