人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

B級レディーステニス大会優勝

tweet
2019/07/17掲載(北見市/スポーツ)

桑名杯&支部長杯
北見テニス協会 57歳女性、32歳女性

北見テニス協会の57歳女性と32歳女性ペアが、6月に札幌で開かれた全道大会「桑名杯&支部長杯B級レディーステニス大会」の女子ダブルスで優勝した。親子ほどの年の差ペアが、巧みなチームプレーで全道の強豪を圧倒。北見協会の選手として17年ぶりの快挙で、2人は「本当にうれしいです」と喜びをかみしめている。

巧みなチームプレーで全道の強豪を圧倒
協会選手としては17年ぶりの快挙

同大会の女子ダブルスには、道内各地の支部予選を勝ち抜いた12組が出場。予選リーグ4ブロックの首位4組による決勝トーナメントで優勝を争った。

 57歳女性も32歳女性も、テニス歴は15年ほど。57歳女性は他の選手とペアを組み、この大会で準優勝4回の実績を誇る。32歳女性は基本的にシングルスプレーヤーで、今回は57歳女性とのペアで初めて同大会に出場した。

 2人は予選リーグをトップで通過。2人とも仕事をしているため、大会前にペアで練習したのは1回のみだったが、作戦が見事にはまり、決勝トーナメントも圧倒的な強さで勝ち上がって優勝した。

 作戦は、32歳女性が後衛を担当して強いストロークでボールを返し、ダブルスに慣れている57歳女性が前衛でボレーを決める、名付けて『省エネ作戦』。

 予選から決勝までの4試合のスコアは「6-3」「6-0」「6-0」「6-2」で、まさに圧勝だった。

 32歳女性は「私は緊張に弱いタイプですが、初戦を勝てて波に乗れました。初出場で優勝できてうれしいです。今後もいろんな大会で入賞できるように頑張ります」と話している。

 これまで準優勝4回の57歳女性は、喜びもひとしお。「年齢的に、挑戦できるのがそろそろ最後かなと思っていたので、念願がかなって本当にうれしいです。これからも、この優勝を励みにテニスを楽しみたいですね」と喜びをかみしめている。(匡)