人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

緑化功労者として林野庁長官賞受ける

tweet
2019/07/22掲載(北見市/社会)

端野・男性(72)

長年にわたり林業営み国土緑化運動に貢献
「地域の林業振興、後継者育成に努めたい」

北見市端野の男性(72)が、国土緑化運動に長年にわたって貢献し、2018(平成30)年度緑化功労者として、国土緑化推進機構から林野庁長官賞を受賞した。18日、市役所を訪れ、辻直孝市長らに報告。「みなさんの支えがあっていただきました」と喜びを語った。

 男性は1962年から農業の傍ら、林業を経営。現在は約64ヘクタールの森林を所有し、造林や間伐の森林整備を行い、農業との複合経営を実践している。農業用トラクターを活用した集材・路網整備などによるコスト低減に尽力。オホーツク東部地区指導林家連絡協議会長などの要職に就いている。

 こうした功績が認められ6月2日、愛知県で行われた全国植樹祭の会場で賞状を授与された。

 辻市長がこれまでの努力をねぎらい、受賞をたたえると、男性は「森林は手をかけなければ育たない。地域の林業振興、後継者の育成に努めていきたい」と語った。 (成)