人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

夏休みに自然体験イベント

tweet
2019/07/25掲載(北見市/行事)

北見市美山公園で親子探検
おとな達が子ども達に夢

 子ども達に自然の中で思い切り夏休みイベントを楽しんでもらおうと、おとな達が開催準備に取り組んでいる。

常呂町吉野でフロンティアキャンプ
せっせと下準備

北見市美山公園で

北見市美山公園で

北見市の美山小校区ふれあい会のメンバーは、27日に市内の美山公園で開く親子探検の準備に汗を流す。同市常呂町吉野のグローバル体験施設若原は、同施設を会場に27、28日に開かれる市のフロンティアキャンプを前に、実行委や有志がせっせとボランティア作業に励んでいる。

 美山公園は市街地にあって自然が残された貴重なエリア。ただ、大木がうっそうと生い茂る林もあって、いまいち市民の認知度が高くないのが実情。

 夏休みと言えば、虫かごを手にトンボや蝶を追いかけた経験を持つ同会の会員達。誇れる自然を生かし、森の中を探検したり、昆虫にふれる体験イベントを企画している。

 これに向けて20日、市の許可を得て、枝払いや草刈り、池の整備に取り組んだ。市は芝刈りなどの整備を行っているが、林の整備までは手が回らないようで、同会は「民間が協働することで、よりよい地域環境が生まれ、市民に活用されやすい公園になるはず。美山公園はものすごく自然があり、もったいない」と話す。27日当日午前11時から開催する。

 グローバル体験施設若原で開く第34回フロンティアキャンプの実行委は、旧・昆虫の家だった時から親しまれる施設内の池を掃除した。青年団体や子ども会育成連絡協議会、市青少年課の職員、同施設の支援者らが熱心に池の周りの柵を直した。廃材を活用し、吊り橋を更新し、架け直した。

」 また市内の水道や冷機の設備会社が同施設名物の野外五右衛門風呂にシャワーを取り付けた。灯油ボイラーを備えた立派なもので、無償の社会貢献。現代っ子に喜ばれそうだ。昨年は五右衛門風呂の湯船の修復工事を市内建設会社が買って出て、好意で修理しており、施設を管理する若原和政代表は「多くの陰の支えがあることを子ども達に伝え、いい夏休みの思い出をたくさん作ってもらいたい」と話している。(寒)

 

北見市常呂町吉野で

北見市常呂町吉野で

北見市常呂町吉野で

北見市常呂町吉野で