人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見出身芸術家が空き店舗で2人展

tweet
2019/08/09掲載(北見市/文化)

抽象画と陶芸の作品

2人のコラボ絵皿などズラリ…13日まで

共同制作した絵皿

共同制作した絵皿

北見市出身の画家と陶芸家の2人展「絵画&陶・静寂の声II」が13日まで、北1西2の空き店舗(勉強屋バークレー2階)で開かれている。13日まで。

 2人は北見北斗高校の美術部で部長、副部長を務めた間柄。1973年(昭和48年)に同校を卒業した2人はともに多摩美大に進学し、その後はそれぞれ現代抽象画家、陶芸家として関東地方を中心に活動。画家の男性は昨年、北見に転居した。

 画家の男性はオホーツクを題材にした抽象画などを手がけ、画壇の芥川賞とも言われる安井賞の候補となった。埼玉県在住の陶芸家の男性は現代陶芸の最前線で活躍しており日本現代工芸美術展入選、長三賞陶芸ビエンナーレ入選などの実績を持つ。

 北見での2人展は4年ぶりで、画家の男性は2~3年前に制作した25作品、陶芸家の男性は新作を中心に約300点を出品した。このほか2人が共同制作した絵皿も展示している。画家の男性は「難しさもあったが、面白い作品ができた」と語る。

 開場時間は午前11時~午後6時。(柏)