人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 高齢ドライバーの現状 (完)

tweet
2019/08/16掲載(その他/本誌連載)

高齢ドライバーの事故は増加?
内閣府の交通安全白書より

件数は横ばいも比率が増加
死亡事故の割合高く

 高齢ドライバーによる痛ましい交通事故の報道が相次いでいるが、果たして高齢ドライバーの事故は増えているのだろうか。内閣府の「平成29年交通安全白書」から高齢ドライバーの事故状況や運転特性などをひも解いた。

 白書によると交通死亡事故の総数はこの10年、減少傾向が続く。そうした中、75歳以上の運転者による死亡事故は、ほぼ横ばいで推移。そのため高齢者の事故の割合が相対的に増加している(グラフ (1)参照)。

 一方、75歳以上の運転者の死亡事故件数(免許証所有者10万人あたり)は75歳未満の運転者に比べ2倍余りに上る(グラフ (2)参照)。このように高齢ドライバーの事故は件数自体が増えているわけではないが全体に占める割合が増加し、死亡事故の比率が高いというのが実情のようだ。高齢化の進行とともに75歳以上の免許所有者は今後も増加する見通しで、事故の増加が懸念されている。

 白書では高齢ドライバーの特性として動体視力の低下や、同時に複数の情報を処理したり瞬時の判断が苦手になることなどを指摘。死亡事故の原因ではハンドルなどの操作不適(運転ミス)が他の年代に比べて多いのが特徴で、このうちアクセルとブレーキの踏み間違いは他の年代の8倍に上る。

 今年上半期に起きた痛ましい交通事故を受けて国は6月、「未就学児等及び高齢運転者の交通安全緊急対策」を策定。高齢者に関する対策として衝突被害軽減ブレーキの国内基準策定や高齢者に特化した免許制度創設の検討、自主返納制度の支援、公共交通機関の活用などを掲げている。 (柏)