人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ところ常南ビーチ利用者

tweet
2019/08/28掲載(北見市/本誌連載・経済)

前年度比1割減の5854人
サマーフェス短縮と8月終盤の天候不良で

夏の決算

7月28日のサマーフェスの様子

7月28日のサマーフェスの様子

 ところ常南ビーチの開設期間中(7月20日~8月11日)の利用者は5854人で、前年度の6533人を679人(10.4%)下回った。遊泳できた日数は前年を上回ったものの、サマーフェスティバルの開催日数が2日間から1日間に短縮されたことなどが響いた。

 同ビーチは気温と水温の合計が40度未満の場合、遊泳不可となる。北見市によると、今年は開設期間の23日間中、遊泳可が前年度より3日間多い17日間あった。

 7月は順調に推移したものの、サマーフェスの開催期間の短縮と、終盤の8月8日から11日まで天候不良による遊泳不可が続いたことで前年比減となった。

 今年のサマーフェスは7月28日に開かれ、沖縄出身のアーティスト・YAASUUさんのライブや、新企画の「ホタテまき」でにぎわい、この日だけで今年の開設期間中の46.5%となる2720人が訪れた。 (匡)