人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

日整全国柔道大会道代表に…

tweet
2019/09/17掲載(北見市/スポーツ)

北見の4人が
入賞目指し稽古に打ち込む

 柔道整復師の柔道都道府県対抗戦「日整全国柔道大会」(10月14日、東京)の北海道チームのメンバーに、北見の4人が選ばれた。また、同日・同会場で開かれる「日整全国少年形競技大会」の道代表に、北見の小学生2人のペアが選ばれた。6人はそれぞれ8月4日に旭川で開かれた道予選で入賞し、出場権を獲得した。全国大会での入賞を目指し、稽古に打ち込んでいる。

いざ全国へ

 日整全国柔道大会の道代表チームのメンバーに選ばれたのは、道予選40代の部優勝の44歳男性、20~30代の部優勝の35歳男性、同準優勝の31歳男性、3位の27歳男性=。

 道代表チームは、これに50代の部の優勝選手を加えた計5人で構成される。5人のうち4人を北見勢で占めるのは、過去最多。今年で19回目の選出となった44歳男性は「これまで道代表チームの最高記録は3位。今年は北見の選手が多いので力を合わせて、それ以上を目指します」と闘志を燃やしている。

 日整全国少年形競技大会の道代表に選ばれたのは、北見なかざわ道場に通う北見北光小6年男子児童と北見西小4年男子児童のペア=写真前列右から=。同予選で準優勝し、出場権を獲得した。

 2人とも全国の大舞台に臨むのは初めて。この1年間、本格的に形の稽古に打ち込んだ成果が結果につながった。また、道予選前に昨年の全国大会で4位になった女満別のペアから指導を受けたことも、大きかったという。

 北見北光小6年男子児童は「道予選で負けた函館のペアに勝って、優勝したいです」、北見西小4年男子児童は「優勝して、指導してくれた先生や女満別の2人に恩返しがしたいです」と目を輝かせている。(匡)