人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

「くやしいが、また出場できれば」

tweet
2019/10/18掲載(津別町/スポーツ)

国体バスケ出場 津別・石川 瑞季さん(26)
初戦の惜敗

佐藤町長に報告

 津別町在住の石川瑞季さん(26)=北見信金津別支店=が10月4~7日に茨城県水戸市で開かれた国民体育大会バスケットボール成年女子に北海道代表メンバーとして出場した。9日、町役場で佐藤多一町長に結果を報告した。

 成年女子は16道県のトーナメント戦で、北海道は初戦で石川県と対戦。序盤で10点以上の差を付けられたが逆転し、シーソーゲームの末に69―70の1点差で惜しくも敗れた。

 石川さんは第2・第3ピリオドに出場。ポジションは最も得意なセンターフォワードではなくフォワードでの出場だったが、リバウンドなどで貢献した。「ぎこちなさはあったが、持ち味は出すことができた。負ける気はしなかったが、終了間際に点を決められてしまった」と試合を振り返った。

 津別ミニバス少年団でバスケを始め、強豪・札幌山の手高校で全国優勝を果たすなど活躍。隣町の社会人クラブ「BIHOROクラブ」でのプレーが認められて30人ほどの代表候補に選ばれ、選考を経て11人の代表入りを果たした。管内からは唯一の選出で、週末に札幌に出向き、メンバーと練習を重ねた。

 国体出場は高校時代から数えて6回目。佐藤町長から「これからも頑張って」と激励を受け「結果はくやしいが、また次回、出場できれば」と話した。(浩)