人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

全日本ロボット相撲大会

tweet
2019/10/23掲載(北見市/教育)

北見工業高校ものづくり研究部 電子機械科3年2人
「ベスト8以上を」
北海道・東北大会高校生の部、ラジコン型で準優勝

 北見工業高校ものづくり研究部の電子機械科3年2人が、このほど旭川市で開かれた全日本ロボット相撲大会北海道・東北大会高校生の部のラジコン型で準優勝し、全国大会出場を決めた。2人は後輩達の声援を胸に、全国大会での健闘を誓っている。

いざ全国へ

ラジコン型のロボット「逸太奴太勝太(イッタ!ヤッタ!カッタ!)」

ラジコン型のロボット「逸太奴太勝太(イッタ!ヤッタ!カッタ!)」

 ロボット相撲は、送信機で操縦するラジコン型、事前に組んだプログラムで動作する自立型の2部門で行われる。規格に沿って制作されたロボット同士が直径約1.5㍍の円形の土俵の中で戦い、土俵の外に出されるか、ひっくり返されるかで勝負が決まる。

 ラジコン型のロボット「逸太奴太勝太(イッタ!ヤッタ!カッタ!)」で、北海道・東北大会に挑んだ。2回戦では、操縦に加え、土俵際を判断して回避する「半自立型」のロボットとも対戦。決勝では山形県の強豪校に惜しくも敗れたが、全国大会出場を決めた。

 3年連続出場がかかるプレッシャーもあったというが、2人で相談しながら試合に向き合い、緊張を跳ね除けた。

 全国大会は11月に福島県で開催される。車体制作の中心になった、同部の2年男子生徒は「自分の作った車体が役立ってうれしいです。全国でも活躍してほしい」とエールを送る。

 「2年前の先輩はベスト16だったので、ベスト8以上を狙う。全国レベルの車体などを見て、後輩につなげたい」、「今年も全国大会に行けることになってうれしい。1、2年生に結果を持ち帰りたい」とそれぞれ意欲を見せている。     (菊)