人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

市民フォーラム「DO(どう)する!?組織」

tweet
2019/11/25掲載(北見市/社会・行事・告知)

マドレ・オホーツクの齊藤裕子さん
JOY!NTの髙桑弘基さん
30日に北見で市民フォーラム
多様性求め実行委初コラボ
コミュニティ運営学びませんか

人・ひと・240度

 町内会、PTAなどの活動にメンバーが集まらない、担い手が育たない―といった悩みを抱えるグループ、組織も多いのでは。他の人の悩みを聞きながら、どうすればよいかを一緒に考える市民フォーラム「DO(どう)する!?組織」が30日(土)午後1時半~4時、ナップスホール(北見市北3西3ナップスビル3階)で開かれる。

 参加対象は中学生以上で参加費は2千円。ナップス駐車場が利用できる。

 メンバーのやる気にばらつきがあったり、会員が減少していたり、と共通の悩みを持つ人が多いことに気づき「コミュニティ運営の基本の『き』学びませんか」と今回のテーマとした。

 産後ケアOGらで立ち上げた「マドレ・オホーツク」の齊藤裕子さんと、まちおこしイベントを開催する「JOY!NT」代表の髙桑弘基さんは〝実行委初コラボ〟(写真)。多種多様な組織の声を聞くことで、気づくことも多いのではと認識が一致し、ジョイントした。めざすのは「皆が自分の居場所をみつけられる〝強くあたたかい組織〟づくり」。

 講師にサークル向けのマネジメント支援サービスで定評ある呉哲煥(ご・てつあき)氏(NPO法人CRファクトリー代表)を迎え、コミュニティづくりの基本をともに考える。

 2人は「団体活動をしたいけれど機会や場がないという人や、これから組織を立ち上げたいという人、すでに携わっている人にもおすすめです」と参加を呼びかけている。(寒)