人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

自分の「がんリスク」知ろう

tweet
2019/12/05掲載(北見市/社会)

住友生命などが市民公開講座

北見赤十字病院の医師らが講演

 がんについて学ぶ、住友生命保険相互会社など主催の市民公開講座が11月30日、北見芸術文化ホールで開かれた。参加者はがん予防や最新の治療方法などに理解を深めた。

 北見市と同社は健康推進などに関する協定を結んでいる。市健康推進課の女性は、市のがん検診や予防12か条などを紹介。北見赤十字病院腫瘍内科部長の岩永一郎医師は「最新のがん情報とがん予防」と題して講演した。

 岩永医師はがんの原因や発生のメカニズムを解説。たばこや酒を控える「1次予防」で発生リスクを減らす一方、「がんの発生を完全に防ぐことはできない」と早期発見、早期治療の「2次予防」の重要性を訴えた。2次予防については「自分の生活習慣や食生活からどのがんが発生しやすいかを把握し、リスクの高いがんを重点に検診を受けて」と呼び掛けた。

 このほか免疫療法やゲノム医療など最新のがん治療や緩和医療を説明。「治療方法を決めるのはとても大切。家族や医療スタッフと相談し、自分にとって最適な方法を探してほしい」と呼びかけた。(柏)