人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

第3展示室の作品を更新

tweet
2019/12/06掲載(美幌町/文化)

美幌博物館
新たに9点展示

洋画家・岸本裕躬さんのコーナーも

 美幌博物館はこのほど、第3展示室(美術展示室)の作品の一部を更新した。

 展示する作品数を52点から44点に減らし、作品間にスペースをより設けることで、それぞれゆったりと鑑賞できるよう配慮した。新たな作品は9点で、絵画に加え、中村照子さんの陶作品「灰釉壺」が並んだ。

 従来の「ふるさとの作家たち」「国内外の作家」など4つのコーナーに加え、3~10月の企画展でスポットを当てた洋画家・岸本裕躬さんのコーナーを新たに設けた。

 鑑賞する際の動線をより明確にし、美幌町出身の洋画家・横森政明さんのコーナーから、少年期を美幌町で過ごした岸本さんに続き、オホーツクに縁のある作家、国内外の作家のコーナーの順番で作品を見られるようにした。

 横森さんと岸本さん、ふるさとの作家については、新たに解説シートを作成し、会場で配布している。作品を選定した久保田結衣学芸員は「個性豊かな作品を楽しんでもらえたら」と話している。

 第3展示室は有料(300円)。高校生以下と65歳以上、障がい者手帳を持っている人とその付き添い人は無料。問い合わせは博物館(0152・72・2160)へ。(浩)