人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見商工会議所が新年交礼会

tweet
2020/01/06掲載(北見市/社会)

商工業の総合的な発展へ

舛川会頭、令和2年の所信語る

 北見商工会議所(舛川誠会頭)の2020年新年交礼会が4日、北見経済センターで開かれた。市内の商工業者や行政関係者、政治家など約500人が参加し、今年のスタートを祝った。

 昨年11月、第14代会頭に就任した舛川氏は重要課題として人手不足対策や生産性向上対策、事業承継支援などを掲げ「地域の商工業の総合的な発展と社会福祉の増進に貢献したい」と抱負。計画が進められている中央大通沿道地区再開発にも積極的に取り組む姿勢を示した。

 武部新衆議院議員は「日本経済の原動力となる中小、小規模企業、個人事業主に光を当てる政治に取り組みたい」と挨拶。昨年9月の市長選で2期目当選を果たした辻直孝市長は「地域の活力を損なうことなく、持続できるまちづくりに取り組みたい」と決意を述べた。また、今年9月末に竣工予定の新市庁舎については「完成後の情報機器整備、引っ越し作業を含めしっかりと準備して進めたい」とし、昨年10月の台風で甚大な被害を受けた姉妹都市の宮城県丸森町への支援を今後も継続する考えを示した。(柏)