人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

除雪車「出番まだか」

tweet
2020/01/13掲載(北見市/社会)

北見自治区では異例の全車出動ゼロ

経費だけがかかり…委託業者にも影響

出番の来ない除雪車両(北見市道路維持センター)

出番の来ない除雪車両(北見市道路維持センター)

 全道的に降雪量が少ない中、北見市内では積雪がほとんどないまま1月中旬を迎えた。北見自治区を管轄する市道路維持センターの除雪車両も出番がない状態が続いている。

 市の除雪体制は北見、端野、留辺蘂の3自治区が民間委託、常呂が市直営。新雪除雪の出動規準はいずれも連続した降雪により10㌢以上積もった場合で、北見、端野、留辺蘂は年6回の全車出動を見込み予算を計上。風の影響で吹き溜まりが生じやすい常呂は16回としている。

 このうち北見自治区は118台の除雪車両が総延長1221㌔の歩車道をカバー。同自治区の過去10年間(2009~18年度)の全車出動状況を見ると、平均出動回数は年6.5回。月別では12月が2.0回、1月が2.1回、2月が1.5回と、この3カ月に集中している。

 今冬は12月下旬に仁頃方面の一部を除雪したが、1月11日現在、全車出動はゼロ。市道路管理課によると、1月中旬まで全車出動が一度もないのは極めて異例。昨冬も雪不足で打撃を受けた委託業者は経費ばかりがかさみ、厳しい状況となっている。     (柏)