人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

女子SLで大舞台に挑む

tweet
2020/01/30掲載(北見市/スポーツ・教育)

留辺蘂スキー少年団
訓子府中3年・女子生徒

2年連続出場「結果出します」
いざ全国へ

 北見市留辺蘂の八方台スキー場を拠点に練習する留辺蘂スキー少年団の中学生選手、訓子府中3年女子生徒が中体連第57回全国中学校スキー大会(全中)に出場する。大会には同少年団の北中3年男子生徒も出場する。2人は昨年も全中に出場しており、2年連続の快挙。オホーツク管内から同大会に今年出場するのはこの2人だけ。

 女子生徒は女子SL(回転)、北中3年男子生徒は男子SLとGS(大回転)に出場する。同少年団は毎年、全国大会出場者を輩出しており、今年も2人が伝統を受け継いだ。北中3年男子生徒は28日、北見市役所を表敬訪問し抱負を語った。

 予選を兼ねた全道大会で、女子生徒はSLで5位、北中3年男子生徒はSL6位、GS13位。

 女子生徒はSL種目1本目で3位につけただけに少し悔しそう。2人とも全道大会の成績は納得せず「全国で結果を出す」。指導する同団の男性は「女子生徒選手は普段の滑りができれば、全国でもひとケタ台の成績が期待できる」と語り「北中3年男子生徒も身体能力が高く、2人とも上位入賞が可能だ」と応援する。全中は2月5日から長野県野沢温泉スキー場で開催。 (寒)