人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

秋の善行表彰 (12)

tweet
2020/02/03掲載(津別町/社会)

津別・78歳男性

自治会や福祉、防犯など長年活動
町老連の副会長も務め「誰かの役に立てたら」

 津別町在住の78歳男性は、自治会や福祉、交通安全、防犯など多岐にわたる長年の活動が「公共生活への貢献」として認められた。

 1981(昭和56)年、自治会で会計を務めたのが数々の活動の始まり。現在は副会長を務める。地域の老人クラブ設立にも携わり、対象年齢前から準会員としてクラブに加入し、2014(平成26)年から会長、16年からは津別町老人クラブ連合会の副会長を担う。

 また、民生委員児童委員を1998年から昨年まで7期21年にわたり務め、地域住民の相談ごとに対応した。

 津別町社会福祉協議会とボランティアセンターの評議員・理事も担い、2013年からは成年後見人としても活動。津別町少年補導委員、地域交通安全活動推進委員、津別町生活安全推進パトロール連合会会長、津別町防犯協会会長など役職は枚挙にいとまがない。

 男性は「初めは自分が暮らす自治会だから引き受けた。民生委員は肩の荷が下りた気分だが、さびしさもある。どの役職も、誰かの役に立てたらという思いで引き受けてきた」と話す。

 受賞に「とてもありがたい。先輩方をはじめ周りの皆さんのお陰。家を空けることが多かったので、家内をはじめ家族にも感謝したい」。     (浩)