人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

オホーツク管内林業グループ連絡協…

tweet
2020/02/10掲載(網走管内/社会)

総会・研修会

林業の活性化、発展目指し積極的に情報交換

 林業経営者らで構成するオホーツク管内林業グループ連絡協議会の今年度総会と研修会が5日、網走市内で開かれた。管内8グループをはじめ森林組合、自治体、行政機関の林業担当者ら54人が参加。研修は従来の講演を改め、今回はグループの活動報告を行い、積極的な情報交換に努めた。

 林業の経営技術習得、改善をめざして組織し、約50年。総会では網走中央林業グループ会長が「人手不足解消、後継者育成に取り組み、林業の活性化、発展を」とあいさつ。今年10月に北海道で33年ぶりに開かれる全国育樹祭への協力など令和2年度事業計画を決めた。

 引き続き行われた研修会では3つのグループが活動報告。端野林業グループは、長く続ける野ねずみ対策の調査活動を紹介し、その活動が昨年、全国森林病虫獣害防除協会会長賞を受賞したことが報告されて会場の会員から拍手が送られた。置戸町林業グループはドイツ・スイス視察研修について報告。興部町の富丘林業グループの活動報告も行われた。