人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見地区消防組合訓子府支署庁舎…

tweet
2020/04/17掲載(訓子府町/社会・告知)

移転建設への意見、紙面で募集

 訓子府町は北見地区消防組合訓子府支署庁舎移転建設について、町民らから意見を募集している。現施設の老朽化、狭あい化などの課題解決をと、国の緊急防災・減災事業債を活用しての移転建設を計画。町民説明会を3月に予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため延期し、4月中の開催も厳しい状況にあることから紙面により意見募集を行うことにした。

新型コロナで町民説明会が延期のため
銀河公園東側を候補地に…30日まで

現在の支署庁舎

現在の支署庁舎

 現庁舎は1968年に完成した。鉄筋コンクリート造り2階建てで延べ床面積約630平方㍍。施設の老朽化をはじめ消防車両の大型化により、新型車両への更新ができない。さらに常呂川の洪水浸水想定区域内に位置するなどが課題となっている。

 国の緊急防災・減災事業債を活用し、洪水浸水想定区域外の銀河公園東側を候補地に移転を計画した。

 新庁舎は2階建て延べ床面積約1100平方㍍。消防職員事務所、仮眠室、訓子府消防団第1・第2分団詰め所、車両10台分の車庫など。ヘリポートを整備し、ドクターヘリのほか災害時の離着陸の専用施設とする。総事業費約9億円。

 設計事業者に技術提案を依頼し、6月上旬に設計案を選考。2021年度中に工事完成。22年度秋以降の供用開始を目指す。

 意見を募集する対象は町内在住者、町内への通勤・通学者、町内に事務所がある法人・団体。役場などにある所定の意見書に必要事項を記入の上、町役場総務課(0157・47・2112)へ。30日締め切り。   (成)