人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

新型コロナ緊急経済対策第2弾

tweet
2020/06/08掲載(北見市/政治)

北見市

 北見市は事業者に対する事業継続支援やプレミアム商品券の発行など総額12億9千万円の「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策第2弾」をまとめ、4日に発表した。事業継続支援は第1弾で対象にならなかった製造業や卸売業に20万円を支給。商品券は1万3千円分を1万円で販売する。11日開会の定例市議会に提案する。

事業継続支援やプレミアム商品券発行など
総額12億9千万円、定例市議会に提案へ

 事業継続支援の対象は製造業、卸売業、小売業、生活関連サービス・娯楽業などの事業者で、2360事業所に20万円を支給。福祉関係の事業所には、福祉サービス継続支援事業として435事業所に15万円を支給する。

 このほか、バス・タクシー事業者に対する事業継続支援として10万円(車両台数に応じ加算金あり)を支給。大学生の生活支援事業として北見工業大学に1千万円、日赤道看護大学に500万円を助成する。

 非課税の高齢者・障がい者世帯と低所得のひとり親世帯に5千円分の商品券を配布。国の特別定額給付金支給基準日の翌日(4月28日)から道の休業要請期間の末日(5月31日)までに生まれた新生児に、生活支援として1人当たり10万円を支給する。

 宿泊需要喚起支給事業として、市内の宿泊施設を利用する市民に5千円、市民以外に3千円を助成(宿泊費の2分の1まで)。住宅改修の補助金も盛り込んだ。低所得のひとり親世帯への臨時特別給付金も計上した。

 プレミアム商品券は秋の発行を目指し、購入上限は1人当たり5冊、発行数は10万冊。希望が発行数を上回った場合は抽選する。

 第2弾の総額は12億9121万1千円。財源として国支出金10億円を見込み、市への寄付金、市の特別職の給与削減と市議会議員の報酬削減など約2千万円を充てる。   (匡)