人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ネーミングライツ協定締結

tweet
2020/06/30掲載(北見市/社会・スポーツ)

北見カーリングホールの…

 北見市は26日、北見カーリングホールのネーミングライツ(施設命名権)協定を情報通信業の㈱アルゴグラフィックス(東京)と結んだ。施設は市柏陽町に建設中で、オープンは10月31日の予定。愛称は『アルゴグラフィックス北見カーリングホール』となる。

北見市と㈱アルゴグラフィックス
10月31日オープン予定
「より緊密な関係きずきたい」

看板設置のイメージ図

看板設置のイメージ図

 市役所で調印式が行われ、辻直孝市長と藤澤義麿代表取締役会長が協定書を交わした。愛称の使用期間は2025年3月31日までの4年5カ月。ネーミングライツ料は年間330万円、総額1457万5千円。応募した3社の中から、競技と地域への貢献度などにより同社に決まった。

 藤澤会長は北見市出身。同社は地域貢献の一環としてロコ・ソラーレとスポンサー契約を結び、北見市出身選手の育成や競技の普及を支援している。調印式では協定締結に「大変うれしい」と笑顔を浮かべ「北見市と、より緊密な関係をきずきたい」などと語った。

 辻市長は「愛称が全道、全国に広まるよう、魅力ある施設運営に努めます」と述べた。両者は今後、協力しながら競技の普及振興に努め、互いの魅力について情報発信する。  (匡)