人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

美里洞くつ、安全に見学を

tweet
2020/06/30掲載(北見市/社会)

公開前に上仁頃美里郷土研究会メンバーら清掃

 北見市美里地区の美里洞くつで24日、清掃作業が行われた。7月1日の一般公開を前に、上仁頃美里郷土研究会、市教委文化財課の職員ら11人が、洞くつに続く山道などをきれいにした。

 美里洞くつは、道内で最初に確認された鍾乳洞遺跡。昭和30年代に発掘作業が行われ、縄文時代やアイヌ文化期の土器、石槍などが出土している。

 会員らはクマデを手に、洞くつに続く散策路の枯れ草などを取り除いたほか、林道約4㌔はトラクターで草を刈った。また、入り口付近の木製の橋も防腐剤を塗るなどして修復した。

 角則明会長は「美里洞くつの自然に親しみ、ストレス解消してもらえたら」と話している。

 公開は10月31日まで。見学は自由。洞くつまでは急斜面を歩いて登るため、動きやすい服装で。また、ヒグマや虫刺されにも注意が必要。問い合わせは市教委文化財課(0157・23・6742)。(菊)