人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

防災を考えよう

tweet
2020/07/09掲載(北見市/社会・本誌連載)

大雨・土砂災害への備え

 九州地方では停滞する梅雨前線の影響で記録的な大雨となり、土砂崩れや河川の氾濫による大きな被害が出ています。いつ起きるのか分からないのが自然災害。北見市がこれまでに全戸配布した「洪水ハザードマップ」と「防災いつでもノート」についてまとめました。自宅にあるかどうか確認し、あらためて防災を考える機会にしてもらえたら-。(匡)

九州地方で大きな被害

洪水ハザードマップ

浸水するおそれのある地域・範囲など掲載
安全な避難先、経路の事前確認を


 洪水ハザードマップは、大雨によって河川が氾濫した場合に浸水するおそれのある地域・範囲や避難場所などを知らせる地図。

 2015年の水防法改正で警戒レベルが従来の「百年に一度」の降雨量想定(計画規模降雨)から「千年に一度」(想定最大規模降雨)に引き上げられたことを受け、北見市は4自治区のマップを更新し、18年から19年にかけて全世帯に配布しました。

 確認が必要なのは、自宅と周辺地域の浸水の危険性。マップは計画規模降雨と想定最大規模降雨による浸水深が色分けで記されているため、自宅や避難所が浸水する可能性があるかどうか、一目で確認することができます。

 市は「マップを活用し、自宅と周辺地域で浸水の危険があれば安全に避難できる避難所、頼れる知人宅などの避難先を確認し、万が一の事態に備えてください」と呼び掛けています。


防災いつでもノート

被災想定地域や避難所情報 災害に対する心得など掲載
感染症対策の品も用意を


 防災いつでもノートには、自然災害(洪水、土砂災害、地震、暴風雪など)で被災が想定される地域や避難所の情報、災害に対する心得、基礎知識などがまとめられています。

 市が市民に日頃から防災について考えてもらい、いざという時にもあわてず的確に行動できるように準備をしてほしいと、2015年に全戸配布しました。

 各家庭で必要な備蓄品、準備しておくことが望ましい非常持出品のリストも掲載しており、水と食料の賞味期限、薬や電池の使用期限について定期的な確認を求めています。

 市は「ノートに記載はありませんが、感染症対策のため避難所を利用する場合はマスク、消毒液、体温計、スリッパも持参を」と呼び掛けています。

 洪水ハザードマップ、防災いつでもノートは市のHPからダウンロードできます。問い合わせは市防災危機管理課(0157・25・1171)へ。