人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

紫色に輝くコムラサキ

tweet
2020/08/14掲載(北見市/話題)

不思議な構造色…

仁頃山の麓、駒の沢林道で
写真さんぽ

 北見の仁頃山の麓(ふもと)にある駒の沢林道でのワンショット。動物の糞に集まる複数のチョウの中に「コムラサキ」を見つけた。羽を開いたり閉じたりしていて、角度によって時折、羽が紫色に輝き、美しい。

 羽を広げた大きさは6㌢前後で、7月上旬ごろから見られるタテハチョウ科のチョウ。食草のヤナギ類が生える河川沿いなどでよく見られる。

 羽の紫色は、瓦のように羽の表面を覆う鱗粉(りんぷん)の形や配置などの構造から生みだされる色で、構造色と呼ばれる。紫色に輝くのは雄だけ。角度によって見え方が変わる不思議さが魅力的だ。 (理)