人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ギャラリースペース「幹」オープン

tweet
2020/09/16掲載(訓子府町/文化)

訓子府・堰代 大幹さん(83)「気楽に見に来て」

北成建設訓子府支店事務所内に
息子と甥がサプライズで用意

 訓子府町の堰代大幹(せきしろ・ひろみき)さん(83)の絵画作品を展示するギャラリースペースが、同町栄町の北成建設訓子府支店事務所内にオープンした。北成建設の理解を得て、息子と甥がサプライズで用意したギャラリーで、堰代さんは「若返りのためにと作ってくれた。うれしいよ」と顔をほころばせている。

 小学生の時から美術部に所属し、現在もオホーツク美術協会(前全北見美術協会)の創立会員として精力的に描き続けている。

 事務所のある建物は堰代さんと弟の父の持ち物で、2階を堰代さんがアトリエとして利用していた。1階の事務所は、訓子府町で仕事がある時しか使用していなかったたため、息子と甥は会社の許可を得て、空きスペースに柱や壁を設置。約1カ月半かけてギャラリーに改装した。

 東京で暮らす娘のもとに何度も通って描いたというM500号の油彩画大作「暮れゆく都心」をはじめ、オホーツク美術展に出品した100号の油彩画や新作水彩画など、現場と質感にこだわって描いた21点を並べた。

 兄弟7人とも絵や写真に取り組んでおり、兄弟の作品も展示したいと、男兄弟5人の名前に入っている漢字から、ギャラリースペースを「幹」と命名。父が写した写真も展示し、自らの作品は新作が完成し次第、入れ替えていく予定だ。

 堰代さんは「これまでの作品を展示することで、さらに創作意欲が出てきました。気楽に見に来てもらえたらうれしいです」と話している。

 入場無料。常駐していないため、堰代さんに連絡してから来場を。 (菊)