人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連携して農業学ぶ

tweet
2020/09/24掲載(訓子府町/教育)

訓子府高と訓子府中

野菜収穫、給食に

 訓子府高校と訓子府中学校が合同で実施している農業学習の授業が17日、町内の銀河農園で行われた。野菜の栽培を通して基幹産業を学ぶねらいで、生徒達は玉ねぎとジャガイモを収穫した。

 訓子府高校は町の学校運営協議会(コミュニティ・スクール)を通じ、今年度から訓子府中と連携して「ふるさと教育(訓子府学)」に取り組んでいる。

 農業学習はふるさと教育の一環で、6月に苗植えから始め、この日で3回目。高校の選択授業「北海道の自然」を受ける3年生5人が、中学2年生51人のリーダー役となり、5班に分かれて手際よく収穫作業を行った。玉ねぎとジャガイモは一部、生徒が持ち帰ったほか、10月に給食として町内のこども園と小中高校に提供される。

 作業を終えた訓子府高校の2人の女子生徒は「(給食として)みんなに食べてもらえるのが楽しみです」と話していた。  (理)